カードローン

総量規制対象を頭に入れておくべき理由

お金を借りるときに総量規制対象を頭に入れておくべき理由は、これは借り入れできる上限に直接関係する制度だからです。利用者が返済能力を超える多額の借り入れをしないようにするためのもので、年収の3分の1までしか借り入れできません。
総量規制対象になる金融機関は消費者金融やクレジットカードのキャッシングであり、信用金庫や銀行は対象外になります。これは貸金業法で定められたものなので、この法律が適用される貸金業者だけが対象になります。
総量規制対象になっていると高額の借り入れが難しくなるだけでなく、特に収入が全くない場合は借り入れ上限が0になってしまうため、審査の甘い中小の消費者金融であっても利用できません。もし利用できる場合、正規の業者ではない闇金融なので手を出してはいけません。銀行は対象外なので法律上は収入がなくても借り入れできます。しかし、返済できなくなる恐れがあるため、銀行でも安定した収入を求めることが多く、収入なしで借り入れできる銀行は限られています。
また、総量規制対象の金融機関であっても年収の3分の1を超える借り入れができる例外の規定もあります。利用者が一方的に有利になる借り換えなどは例外になるので、消費者金融でも利用できます。ただし、これは法律上、融資を認めても良いというだけであり、実際にはローンの審査で返済能力があると判断されなければなりません。借り入れが多ければ審査はそれだけ厳しくなるため、無理に総量規制の例外を利用して借りるよりも、元々総量規制と言われているものではない融資の銀行から借りた方が金利も低くなるので適切でしょう。